Nick Clegg in studio 1 at Onkio Haus

Nick Clegg is a Composer, Musician, Producer and Sound Engineer based in Tokyo, Japan.

Nick studied at Manchester’s prestigious School of Sound Recording (SSR), studying under some of the UK’s leading studio engineers including Steve Boyce Buckley (lisa Stansfield) and Alan Wrench (Ministry of Sound). Nick continued to refine his skills as an engineer recording various artists using an extensive pallette of equipment including vintage analogue boards (AmekSoundcraft) & multi-track tape (Studer) up to current high end digital systems (SSLYamahaPro Tools HD). He graduated with a FDa in Sound Engineering and continued his studies at Salford University’s Media City campus, this allowed Nick to further expand his skill set, delving into Acoustics, Spatial Audio, Television, specifically film & broadcasting, Field Recording, Radio production and broadcast. Nick later graduated gaining a well earned BSc in Sound & Video Production and continued in a freelance capacity utilising and applying his knowledge to attain real world experience, the rest you could say is history.

日本語ニッククレッグは、作曲家、ミュージシャン、プロデューサー、サウンドエンジニアで、現在は東京に本拠を構えています。マンチェスターの権威あるSchool of Sound Recording (SSR)にて、イギリスをリードするトップのスタジオエンジニア、スティーブ・ボイス・バックリーSteve Boyce Buckley (Lisa Stansfieldのスタジオを手がける)、アラン・レンチAlan Wrench (Ministry of Soundなどで大活躍中のイギリストップ10プロデューサー)を始めとするトップクラスの現役エンジニア達から教わりました。ビンテージのアナログコンソール(Amek, Soundcraft)やマルチトラックテープ(Studer)から最先端のハイエンドなデジタルシステム(SSL, Yamaha, Pro Tools HD)を含む多様な機材を習熟、様々なアーティストのレコーディングを行い、録音の技術をさらに磨きました。サウンドエンジニアリングでFDa(学位)を取得し卒業、その後引き続きサルフォード大学Salford University 理学部に編入して、メディアシティキャンバス Media City campusにおいてさらに深く踏み込んだ研究と技術でスキルセットを拡大。音響学、音響効果、空間音響学、さらに映像制作、特に撮影と放送、フィールドレコーディング収録、ラジオ番組制作と放送技術を極め、サウンドアンドビデオプロダクションでBSc(理学士)をHonor(成績優秀)で取得しました。卒業と同時にフリーとして独立し、今まで得た知識を活かし、技術を駆使してリアルな制作業界に飛び込み、さまざまな経験を積んできました。メディアシティは、マンチェスターのウォーターフロントに近年建設された巨大統合施設で、BBCをはじめイギリスの主要テレビ局の制作スタジオが集結し、イギリスの番組制作をリードしています。

NCS recording session

Music in all it’s various forms has always been Nick’s passion, continually looking for audio or video projects to work on either in the capacity of straight musician or broadening his scope of work by taking on recording, production or technical duties. Nick has played keyboards around the world ranging from studio sessions, UK tours and cruise ship residencies. From 2007 to 2011 he took on keyboard duties with The Commitments, laying down solid quality RnB support resulting in consistent touring around the UK and Europe.

日本語あらゆる媒体での音楽は、すべてニックの情熱でした。オーディオと、映像関係のプロジェクトを探しながら仕事の幅を広げ、レコーディング、制作やテクニカルスタッフなど技術職でも関わってきました。またニックはキーボードプレーヤーとしても活動しており、スタジオセッション、イギリス、ヨーロッパ、クルーズゲストバンドなどで演奏してきました。2007年から2011年にかけてはイギリスの有名な The Commitmentsのキーボードとして質の高いR&B映画の世界観を作り上げ、UK/ヨーロッパライブツアーをサポートしました。

The world is a big place musically and while he was working abroad met a person who would ultimately become not only his wife but instrumental in his move to Japan. 2013 saw Nick leave the confines of the UK and move to Tokyo bringing with him a wealth of knowledge and musical sensibilities to a technologically rich and diverse environment. Since his move he has worked on various productions including feature films, TED seminars and live events to name a few and continues to record and play with various artists including J pop and K pop bands delivering a consummate professionalism and attention to detail that his clients respect and enjoy. Nicks journey has exposed him to many famous people culminating in 2015 where Nick was asked to play keyboards for Nathan East, on his track “Let’s Make Love” covered by the band Sweet Sorrow.

日本語イギリス国外での音楽活動を広く続けていくうちに、日本に移住するきっかけとなる運命的な出会いを経て、2013年慣れ親しんだ英国を離れ日本にスタジオを構えることになります。ニックの音楽の才能とセンスは東京という、まさに先端のテクノロジーで溢れているクリエイティブな環境で一気に開花、映画、TEDなどトークイベント、ライブイベントなど多彩なプロジェクトに関わってきました。一方でレコーディング、演奏活動を続け、Jポップ、Kポップを含む多くのアーティストの楽曲にプロフェッショナリズムで細部にこだわったキーボードサウンドを提供しました。ニックの創り出す音をクライアントが尊重してくださり、楽しんで聞いていただけることがやりがいです。ニックの日本での活動は様々な人の目にとまるようになり、2015年にはネイサンイーストNathan Eastのレコーディングに呼ばれ、 Sweet Sorrowがカバーした“Let’s Make Love”でキーボードを担当しました。

Share This